ロクシタン使ってますか? > ロクシタン イモーテル > コルシカ島に咲くイモーテルは永久花

ロクシタン イモーテル

コルシカ島に咲くイモーテルは永久花

美しい状態のままをとどめている花、イモーテルイモーテルの花は、地中海に浮かぶコルシカ島モンデラバラーニュ地方に生息しています。農薬などの影響を受けずに野生で育った花は、6月から7月中旬にかけて収穫されます。


花は手で摘まれ、その後昔ながらの本格的な方法で蒸気蒸留されて、エッセンシャルオイルを抽出していきます。それは、コルシカ島の日差しをいっぱいに浴びて黄色に輝く野生の花で、枝葉が乾ききっても花だけはいつまでも色褪せずに美しく咲き続けるそうです。


ロクシタンはその永久花の能力に注目し、スキンケアラインとして開発しました。植物の力を借りて、お肌の本来の美しさを手に入れることができればほんとに嬉しいものですよね。


お肌が本来持っている再生能力を自然の力に逆らうことなくどこまで健やかに保てるか、その問題を解くカギを、ロクシタンは野生植物イモーテルの中で発見しました。イモーテルに含まれる、保湿成分ネリルアセテートが重要成分として含まれています。


ロクシタンが使用しているイモーテルはすべて有機栽培で作られています。公害の他、農薬や化学肥料を必要とする耕地からも遠く離れた場所のコルシカ島モン・ドゥ・ラバラーニュにあるイモーテルだけを原料としています。


イモーテルは、昔からお肌に対する再生力が高いとされていた為、傷の手当てなどにも使われていたそう。その花のエッセンス三千本分を封じ込めた美容液など、即効性があるケミカルなものとは一味違った成分で、お肌本来のチカラを取り戻す効果にすぐれたスキンケアシリーズです。

<<デリケート肌にシアバターシリーズのシアベイビースキンバームが良いです | ロクシタン使ってますか?トップへ | マグノリアを探して>>


RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。